信用取引のメリットとデメリットについて

信用取引を使用するメリット

信用取引とは取引口座に預けた保証金以上の金額の取引ができる制度です。取引に使用する資金を多く用意できない投資家は資金が少ないことで本来購入したかった株数を購入できない場合があります。しかし信用取引を使用する事で用意した金額以上の取引ができるので、用意できた資金では買う事のできなかった銘柄を購入する事ができるようになりますし、資金の問題で100株しか買えないところを信用取引を使用する事で200株や300株購入する事もできます。
このように信用取引を使用する事で資金が少ない事で起きる機会損失を解消してくれます。また株投資による利益をすぐにでも得なくてならない人にとっては利益を出す効率の向上というメリットもあります。

信用取引のデメリット

信用取引を信用する際のデメリットは保証金を上回る損失が出そうになると強制的にロスカットするシステムがあるので、結果として下落してからしばらく保有すると言った投資の選択肢を投資から奪う事になります。また手数料がかかる場合は利益化がその手数料が発生する分減少してしまいます。
さらに損失が出た場合の損失が大きくなるだけでなく、強制ロスカットのシステムが急激な下落などが原因で正常に作動せずに株式を売る事ができた時には保証金を上回る損失が出て、追加の入金が必要になる事があります。信用取引は資金の少ない投資家の投資効率をあげる事のできるものですが、リスクが大きいので使用する際にはリスク管理が非常に大事なのです。